babysense7の使用感レビュー【購入か?レンタルか?】

妊娠・出産

赤ちゃんが呼吸していないか

不安で眠れない...

赤ちゃんが自分の寝ている間に

何かあったらどうしよう...

心配で不安でたまらない。

そのせいか眠れなくなった。

赤ちゃんが産まれて嬉しい気分。

それもつかの間の話。

産院から退院すると、本格的な育児がスタートします。

 

その中で、世のお母さんが最も恐れるのが次のことです。

乳幼児突然死症候群SIDS

Wikipediaによると、次のことが書かれています。

・乳幼児突然死症候群は、何の予兆もないままに、主に1歳未満の健康にみえた乳児に、突然死をもたらす疾患である。
・SIDSの原因は不明である。
・単一の原因で説明可能なのか、様々な原因による突然死の集合であるのかも判明していない。
・呼吸器の先天的・後天的疾患が関係するのではないか、等、いくつかの仮説があるに留まっている。
・1歳未満の乳幼児のうち、病歴、健康状態、死亡時の状況、精密な解剖を行っても死亡の原因を特定できないものである。 (Wikipedia引用)
原因不明の突然死は、脳卒中やくも膜下出血など
大人でもありますが、赤ちゃんでも存在します。
そして、産まれてきたばかりの赤ちゃんは、
授乳や不快感を訴えて泣く以外、ほとんど寝ています。
息をしていなくても気づかないかもしれません。

そのため、お母さんは赤ちゃんが生きているか

とても心配になるのです。

何か異変があった場合、

すぐに知ることができないか?

その解決策の1つとして、

”babysense7”

をご紹介します。

 

 

 

 

babysense7とは?

babysenseとは、イスラエルのHisense社によって、

乳幼児を対象として開発された乳幼児の呼吸モニターです。

その最新版がbabysense7(2020年4月現在)。

現在の日本での取扱いは、並行輸入品のみのようです。

 

乳幼児の呼吸などによる身体の動きをセンサーにより感知し、

乳幼児の身体の動きの回数が一定回数以下に低下したり、一定時間以上停止した場合にアラーム音とランプにより、警告します。

babysense7の場合は、

次の時に大きなアラームが鳴ります。

○身体の動きが1分間に10回以下
○20秒以上動きが停止
この機能により、
赤ちゃんの動きが突然なくなった場合でも、
すぐに気づくことができます。

babysense7の使用感

babysense7は、2枚のセンサーを赤ちゃんの布団の下へ敷き、

本体へコードをつなぎスイッチをつけます。

数秒後、正常に作動すると緑色のランプがピコピコ点灯します。

 

実際、我が子に使用している模様が次の写真です。

パソコンのマウスみたいなものが本体です。

単四電池で動くため、停電時でも問題ありません。

海外製品で、ベビーベッドのイラストが書いてあったため、

布団直敷きではダメかと思っていましたが、全く問題はありませんでした。

24時間赤ちゃんの対応している妻の感想は、

ちょっとは安心して過ごせる。
特に、ご飯やトイレで一時的に離れる時は安心。

少しは気休めになったという程度。

でも、この”ちょっと”が大きかったのかもしれません。

babysense7 が到着するまでは2時間程度しか眠れていなく、

心身ともに疲れていた妻が、少しずつ回復していきました。

 

一方で、デメリットもあります。

赤ちゃんが泣き出して、抱っこした際スイッチを止めないと、

緑色のランプが赤色に変わりケタタマしいアラームが鳴り響きます。

ピロピロピロピロ♪〜

このアラームも外国製品のためか、警告音がワイルドですw

そのくらい、感度が高いところもデメリットでありながら、

安心できる材料ではないでしょうか。

 

 

 

babysense7の入手方法(購入?レンタル?どちらがよいか)

babysense7の購入は、33,000円。

高っ!!!

みなさまと同じく僕も同じように高いと思いました。

使用期間が最大でも1歳になるまでだと、まずレンタルだなと考えました。

そこで探し当たったのが、babyrentaというサイト。

【2,680円〜業界最安値】Babysense ベビーセンス7 乳幼児用モニターレンタル|ベビーモニター レンタル専門ショップベビレンタ - babyrenta.com
業界最安値のベビーモニター専門ショップのベビレンタのBabysense ベビーセンス7 乳幼児用モニターのレンタルページです。元保育士が専門的にベビーモニターのみを扱うからこそ、メンテナンス等の知識も豊富で、しっかり安心!専門だからこそできるお手頃価格で短期からOK! 品ぞろえも豊富!お客様満足度No.1を目指して誠心...

1か月当たり、4,000円でレンタルできる!!!

じゃあ、レンタルしよう!

と思ったところ、在庫切れ・・・。

やはり、考えることは自分たちばかりではないです。

みんな欲しい商品なんですね。

そのため、

運が良ければまずレンタル!

在庫切れであれば、購入するしかないです。

購入してもリセールバリューが高い!

 

購入するにしても、

安く手に入れたい!

そうだフリマアプリは?

赤ちゃん用品の中でも、babysense7はとても高価なことは

ご説明したとおりです。

そのため、僕も皆さんと同じように、フリマアプリを探しました。

探してみるとわかるのですが、並行輸入品のため、

流通自体はかなり少ないです。

それでも、売買実績はでてきました。

最新のbabysense7で絞り込みをすると、

おおよその結果は次のとおりです。

○未使用品:25,000円
○半年程度使用品:22,000〜15,000円
確かに、楽天市場やAmazonで購入するより、金額は安いです。
その分、経年による故障や初期不良に関する保証はないというところがほとんどです。
安さでリスクを取るか、少し値段が張っても保証してくれるところから買うかは
個人の考え方によるかと思います。
一方で、フリマアプリに出品されていた中古品でも
それなりの金額で売れているところに焦点を当てて考えると、
リセールバリューが極めて高いことは断言できます。
<例えば・・・>
① babysense7を33,000円で購入。
② 半年間使用後、20,000円でフリマアプリで売却。
<実質コスト>
○ 33,000ー20,000=13,000円
○ 13,000÷6=2,167円/月
※配送料や売買手数料は別途
だいたい1か月当たりのコストは、2,200円です。
レンタルの場合、4,000円と考えると購入するほうがコストは安いです。
レンタルも長期になると、割引率も高くなりますが、
それを考えても、購入した後売却してもあまり割高感はないですよね。
そのため、我が家も楽天市場で1年保証付きの新品を32,980円購入しました。
有事(呼吸が止まってしまう等)の際に働かなければ、元もないですし。。。
 

まとめ

babysense7の使用感をご紹介しました。

新生児を持つお母さんは、2時間おきに授乳が必要になったり、

ただでさえ激務です。

それに加えて、乳幼児突然死症候群に備えなければならない等

心が休まる暇はほとんどありません。

そのため、睡眠不足から不眠になりがちです。

我が家でも、気休め程度かもしれないという感想の

babysense7でしたが、購入して2週間が経過する今では

すでに馴染みが出ています。

あってもなくても変わらなかったかもしれませんが、

赤ちゃんもお母さんも大切にしたいと思う気持ちで、

買ってよかったなあと僕は感じています。

もし、購入に迷っている方がいてこの記事が参考になってくれれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

タイトルとURLをコピーしました