デートで見るべき相手のポイント厳選3つ【これって運命の人?】

デート

新入社員でまだ研修を受けていた時、

講師の先生は、

60歳を超えた男性でした。

 

すでに会社を退職し、OBとして雇われていた方で、

仕事を教えてくれるというよりは、長いサラリーマン生活を

どう過ごすかについてよく教えてくれました。

その中の一つで、

結婚を考える相手は、「くるぶし」を見るといいよ!

といきなり言い出しました。

僕はてっきり、
「このおっさん、くるぶしフェチなのか!!!」と思いましたが、

その心を教えてくれました。

くるぶしがしっかりしていないと、良い歩き方ができない。

歩き方がしっかりしていないと、健康で丈夫な身体を維持できなくて、

 

病気になってしまうことが多いらしいんだって。

僕も40年以上前に君たちと同じように新入社員の頃、

 

OBの方にその話を聞いたんだ。

 

半信半疑だったけど、振り返ってみればそれは正しかったんだよね。

 

周りの女性を見ても歩き方がしっかりしている人は、

 

病気もせずずっと健康だし、

 

結婚した妻もずっと元気だしそれが何よりの幸せなんだよね。

 

今はみんな若いから、可愛かったり綺麗な人に目がいきがちだけど、

 

結婚を意識する年頃になってよかったら思い出してね。

焼き肉を食べながら語ってくれました。

そしてすべてゴチになったことも・・・笑。
(今思えば心も懐も広い人だったな〜)

 

話は戻りますが、相手を見るポイントとして

くるぶし」を見ると健康的かどうか見る判断要素の1つ

と、その方から教えてもらいましたが、

僕がこれまでマッチングアプリなどで知り合った女性と会う中で、

必ず見るようになったポイントを紹介します。

また、結婚後にどのように影響したかも少し添えたいと思います。

箸の持ち方

カフェでお茶をするぐらいだと、見られない部分ですが、
食事した際は必ず目がいきました。

というのも、自分が小さい頃に箸の持ち方で
親から何度も注意を受けていたからだと思います。

ただ、この部分は人によって生活環境が異なるため、
考え方の違いが一番出るところで、
自分の一番近い存在になった時に我慢ができる要素の一つになります。

かつてマッチングアプリで知り合って彼女となった一人は、
箸の持ち方が悪かったです。

僕がそのことを言うと、
自分でも持ち方が良くないと思っていたようで、
一緒に食事をした時には必死に直そうと努力していました。

そのため、持ち方が悪いことは別に気にならなく、
直そうとしている姿勢に本当に心が温まりました。

一方、妻は厳しい育て方をされたため、箸の使い方もさることながら、
魚の食べ方が大変綺麗です。これは結婚して初めて気づきました。

そんな妻は、くちゃくちゃ音を立てて食べたり
食べ物を口に含んだまま話をされるのが生理的に受け入れられないと言っています。

自分が行儀が悪く食べているとよく注意されます・・・笑

はっきり言って、気にしない人は何も思わないと思います。

一方、気にするほうからすると目につく部分なので、

気になっているものがあったら、

気づいたときから直していこうとするのがベストです。

話し方

 

相手の目を見てハキハキ話しましょう

これは僕が小学一年生で教わったことです。

しかし、僕は滑舌が悪く自分に自信がないせいか、

あまり目を見て話すのが苦手です。

目を見て話すことを意識するあまり、

相手の話が頭の中に入ってこなかったりすることがたくさんあります。

なぜ、自分の弱点を述べたかというと、

目を見て話すことが苦手な人は、世の中にたくさんいることに気づいたからです。

これまで出会った女性にも、目を見て話すのが苦手な人がいました。

でも、僕の話をしっかり理解しようとして、
色々と引き出そうと話をしてくれたのを覚えています。

自分の話に興味を持ってくれる女性がいるなんてこれほど嬉しいことなのか涙

と感じたくらいです。

立場を変えると、相手も同じことを思っていたかもしれません。

僕も、相手の話を聞いて自分が感じたこと思ったことについて、

さらにその先の部分を聞きたいという姿勢で話を聞いています。

あえて、話し方と書きましたが、

マニュアルにある通り、教えられた通りの話し方がすべてとは限らないです。

話し方は、人それぞれ個性があり良さも悪さもあります。
そのため、僕は、

話し方が、自分にとって心地よいものかどうか

という点を大事にするようにしました。

・ゆっくり話すとイライラする
・早口だとせかせかしている
・じっと見つめられて話すと緊張してしまう
・目を合わせて話さないのは何か裏があるのでは
・独特のイントネーションが鼻につく
・声の高さが合わない
人によって感じ方は違い答えがありませんが、
長く過ごす相手となるとストレス要因の一つとなりかねません。
僕の滑舌の悪さと目を見て話さないということを
妻はどう思っているかわかりませんが、変えてほしいと口に出して
言われたことはないので最低限はクリアできているのかもしれません・・・。
僕も妻の話し方でストレスを感じることはないです。
むしろ、社交的でよく話すタイプなので、勉強になっています。

歩き方

最初のくるぶしの話に通ずるところですが、

歩き方は健康を表していると感じました。

よくテレビでやっている健康関係の番組で、

足に関することはよくやっていますが、

大きな頭や内蔵を支える上で足腰は本当に大事なのだと思います。

実際に知り合った後に会った女性の中で、

半数はしっかりした歩調、もう半数は内股気味でした。

偏見などはまったくないのですが、

しっかりした歩調の女性はほぼ全員健康で元気みなぎる人でした。

あと姿勢が良い!

一方、内股気味の人が不健康で元気がないということは全くないのですが、

大人しめな人が多かったかなという印象です。

僕は、男にしては元気がないタイプかと思いますので、

わりと歩き方で元気な人とうまくいっていたのかなと今振り返ると思います。

基本的な部分がポイントになる

マッチングアプリでマッチングして、

メッセージのやりとりをするまでだと、

相手のプロフィールに書いてある文字情報で想像が膨らんでいきます。
(趣味や年収を見て「この人良さそうだな〜」という妄想)

一方、実際に会うとその人の現実を目の当たりにします。

結局、事前情報がかなりよかったとしても相手と会った際に幻滅する可能性が潜められています。
(これは自分が相手と会った際も同じリスクがあります。)

反対に、期待していなかったにもかかわらず、

予想外に波長が合って進展する可能性もあります。

これは、実際に会って得られた情報により左右されます。

僕が相手を見るポイントとしてあげた、

「箸の持ち方」、「話し方」、「歩き方」は

人間として基本的な動作だと思います。

そのため、知り合った人と会う時に気になる部分は、

日々生活する中で定着した習慣

に目がいきがちです。

もし、気になる習慣があったら今のうちに見直しを考えましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

交際までの成功例と失敗例まとめ
僕がこれまでマッチングアプリ上で出会って交際に繋がったパターンと繋がらなかったエピソードをご紹介します。
デート
ベイプをフォローする
マッチングアプリで結婚した話
タイトルとURLをコピーしました