【1株買えばBTC500円分ってホント?】マネックスグループの株主優待

株主

マネックスグループの株主優待について、

各ニュースメディアで大きく取り上げられています。

 

マネックス、株主優待で500円相当のビットコイン配布 コインチェックの口座開設が条件
マネックスグループが、2019年度中間期の株主優待として、株主に500円相当のビットコインを付与すると発表。ビットコインを受け取れるのは、子会社コインチェックの仮想通貨取引所「Coincheck」に口座を開設した株主のみ。振り込む時期は20年4月上旬を予定する。
マネックス、株主優待として500円分のビットコイン付与
2019年9月末の優待として新設。株主に仮想通貨取引体験を促す。
マネックスグループ株式会社、株主優待としてビットコインを配当へ - CRYPTO TIMES
暗号資産取引所コインチェックの親会社であるマネックスグループ株式会社は24日、現行の配当に加えて、条件を満たす投資家に500円相当のビットコインを配当することを発表しました。 同社は毎年、マネックス証券に同社の株式1単元

 

それぞれの記事に基づけば、

今までの100株以上の単元株を保持している株主に対して、

「マネックスポイント」を付与していた。

その優待に加えて、

さらに、コインチェックに口座を持っていれば、

「BTC500円分」もらえるという。

 

しかも、BTC500円分の株主優待は、

2019年9月30日時点で

株主名簿に載っている人が対象とのこと。

 

ということは、

1株でもいいのか?

ホントの話?

 

気になったので、マネックスグループの

プレスリリースを詳しく調べてみました。

マネックスグループのプレスリリース

マネックスグループの株主優待拡充の

プレスリリースについてはこちらから確認できます。

 

https://www.release.tdnet.info/inbs/140120190923400056.pdf

 

気になるBTCの内容についての引用。

2019年9月30日基準の株主の皆さまに対し、 従来の株主優待に加えて、下記の通り仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(以下、「仮想通貨BTC」)を進呈することを決定・・・

(マネックスグループプレスリリース引用)

 

当社子会社であるコインチェック株式会社が提供する Coincheck の口座をお持ちの株主の皆さまを対象として仮想通貨 BTC(500 円相当)を進呈

(マネックスグループプレスリリース引用)

 

(1)対象となる株主
②Coincheck における仮想通貨 BTC の付与(新規)
2019 年 9 月 30 日基準の株主名簿に記録された株主さまのうち、2020 年 3 月末までに Coincheck での口座開設が完了し、かつ Coincheck の「株主優待申し込みサイト」 でのお申し込みが完了した株主さま

(マネックスグループプレスリリース引用)

 

 

(2)株主優待の内容
②Coincheck における仮想通貨 BTC の付与(新規)
2019 年 9 月 30 日基準の株主名簿に記録された株主の皆さまのご登録住所に、
11 月 末より順次、「株主優待のご案内」を郵送いたします。
株主さまには、Coincheck の口座をご開設頂き、
かつ 2020 年 3 月 31 日 23:59 までに「株主優待のご案内」に
記載された「株主優待申し込みサイト」でのお申込みが完了した
株主さまに対して、2020 年 4 月上旬に 500 円相当の仮想通貨 BTC を
付与いたします。
(注) (1) Coincheck での口座開設は無料です。
(2) 当株主優待は、株主の皆さまに対して、保有株式数に係わらず、
一律、日本円で 500 円相当の仮想通貨 BTC を付与いたします。
(3) Coincheck に口座を開設し、仮想通貨 BTC の取引を行うためには、
パソコン、スマートフォン、タブレット型端末などの
インターネット環境が必要です。
当該インターネット環境は、株主さまご自身で準備していただく
必要があります。
(4) Coincheck での口座開設においては、審査等により、
開設できない場合があります。
その場合は、Coincheck における仮想通貨 BTC の付与を
受けられなくなりますの で、ご了承ください。
(5) 仮想通貨 BTC 付与時に Coincheck の口座を解約されている
場合は対象外となります。
(詳しくは、11 月末に郵送いたします「株主優待のご案内」をご参照ください。)

(マネックスグループプレスリリース引用)

 

BTC500円分が貰える条件は?

マネックスポイントについては、

保有株式数に応じて細かくわかれています。

一方、BTCについての条件をプレスリリースを読み取ると、

次のとおりになると思われます。

2019 年 9 月 30 日基準の株主名簿に記録された株主
2020 年 3 月末までに Coincheck での口座開設が完了している
2020 年 3 月末までに Coincheck の「株主優待申し込みサイト」
 での申し込みが完了している

つまり、

○マネックスグループの株を1株でも持っていれば、BTC500円分の貰える可能性がある。
○Coincheckの口座は、今なかったとしても今後開設すれば受け取れる
○ただし、11月に郵送する「株主優待のご案内」で詳細を確認する必要あり
ということで、条件をクリアすれば、
1株を保有することでBTC500円分が貰えるかもしれません。

マネックスグループの株価

マネックスグループの株価は、次のとおりです。
○企業名:マネックスグループ(8698)
○株価:330円
○権利確定月:3月、9月

○1株当たり配当金予想:5〜7円
<株主優待内容>
①マネックス証券におけるマネックスポイントの付与(継続)
②Coincheck における仮想通貨 BTC の付与(新規)
(2019年9月24日終値時点)

 

1株でBTC500円分もらえるとしたら、

それだけで総利回りは以下のとおりです。

○ (500(BTC)+ 5(配当金))÷ 330(株価)= 153%
株主優待だけで、ペイしてしまう計算になります。
Coincheckや仮想通貨の利用促進も考えられますが、
株主への還元としては斬新な感じがします。
9月末時点で株主名簿に記載されていることが必要ですので、
9月の権利確定期限(9/26)までに購入したいところです。
また、BTC500円分は、継続するかは未定となっているので、
今後の動きにも注目したいところです。

単元未満株を買うなら、ネオモバイル証券がオトク!




株を購入する際には、取引手数料がかかります。

また、単元未満株を購入できるネット証券は3社です。

それぞれの会社で単元未満株の言い方は異なっています。

そして、単元未満株を購入するに当たり、1回当たり次の取引手数料がかかります。

証券会社名 取引手数料(2019.7時点)
SBI証券 約定代金×0.500%(税抜、最低手数料は50円)
マネックス証券 約定代金×0.5%(最低手数料は48円)
カブドットコム証券 約定代金2万円まで100円、以降1万円増加まで毎に67円加算

1株買うにしても、1回当たり最低48円〜100円程度は手数料としてかかります。

いくつもの銘柄を購入すると、その都度、取引手数料を取られてしまうのは、
損している気がしますよね。

値動きが激しい株を買うとなると、購入にかかる費用はなるべく抑えたいものです。

そこでオトクなのが、ネオモバイル証券です。


SBIネオモバイル証券の特徴は次のとおりです。

1.月額200円で総取引金額50万円までは取引手数料が無料!
2.さらに、毎月Tポイントが200pt貰える! 
つまり、支給される200ptも利用できて、購入手数料は、月額200円しかかかりません。
(月の取引50万円以内の場合)
ポイントと月額利用料を相殺すれば、実質取引手数料無料で1株単位で購入できます。
上記で紹介した3つのネット証券を使うよりオトクだということがわかります。
株主
ベイプをフォローする
マッチングアプリで結婚した話
タイトルとURLをコピーしました