【経験者の声をまとめた!】流産を経験した妻が救われる出来事7つ

妊娠・出産

流産は、多くの女性にとって心を痛める辛い経験ですが、人々の温かいサポートと愛情によって、救われる瞬間もあります。

本記事では、流産した妻が救われる出来事を7つのトピックに分けて解説していきます。

パートナー(夫)の寄り添いや職場の理解、病院の医師や看護師からの励まし、何も言わずに聞いてくれる人の存在、Twitterコミュニティ、髭男爵ルイ53世さんの言葉、そして市原悦子さんの言葉。

これらの出来事が、流産を経験した妻たちにとってどのような意味を持ち、どのように心の支えとなってきたのか、詳しくご紹介します。

以下の人に役立つ記事です。

1.流産した妻がメンタル的にやられていて心配
2.旦那として妻のサポートをできる限りしたい
3.流産後に這い上がった人のきっかけを知りたい

筆者の経験談は次の記事にまとめていますので、よかったら合わせてお読みください。

流産した妻に夫ができること5つ【一生後悔します】
流産した妻に夫ができること5つ

流産と向き合う妻やその家族にとって、この記事が勇気づけられる存在となり、新たな道への希望をもたらすことを願っています。

 

パートナー(夫)の寄り添い

まず、流産を経験した妻にとって、夫であるパートナーの寄り添いは大きな支えとなります。

夫婦で一緒に悲しみを分かち合い、支え合うことで、妻は少しずつ立ち直ることができます。

Twitter上のつぶやきをご紹介します。

旦那さんに病院への付き添いをしてもらい助かった人のツイートです。

産婦人科で男性がいるとアウェイな感じで行きたくないなと思うかもしれませんが、当事者本人は大変心強く感じています。

そばにいてくれるだけで心強いと感じている人のツイートです。

大事な飲み会をキャンセルして駆けつけた旦那がいる人のツイートです。

こちらも旦那さんに支えてもらったという人のツイートです。

上司という第3者からの話を聞いて、旦那さんの存在に救われた人のツイートです。

旦那さんに弱音を吐いて救われたと感じた人のツイートです。

このように、夫が妻の感情に理解を示し、共感してくれることは、妻を救う力となるでしょう。

 

職場の理解

仕事中に流産を経験した場合、職場の理解とサポートがとても重要です。上司や同僚が妻に対して理解を示し、柔軟な対応をすることで、妻は心のケアを受けることができます。

Twitter上のつぶやきをご紹介します。

同じ経験をしている上司が救ってくれた人のツイートです。

大ダメージを受けたときに理解のある上司がいたら素晴らしい職場ですね。

ご自身も将来部下に対しても同じ対応が取れてみんなにとってポジティブです。

妊娠をしたら職場報告が必須となっている人のツイートです。

ご自身の経験から会社の親友へカウンセリングを勧めた人のツイートです。

カウンセリングを勧めることができる雰囲気の職場は安心して働けそうですよね。

このほかにも、職場内でのストレスを軽減するために、柔軟な勤務時間や休暇制度の提供も助けとなるでしょう。

 

病院の医師や看護師からの励まし

流産を経験した妻が病院で受ける医療スタッフの励ましは、とても心の支えとなります。

医師や看護師からの優しい言葉や励ましの声によって、妻は悲しみを乗り越える勇気を持つことができます。

Twitter上のつぶやきをご紹介します。

医師から冷静かつ客観的に事実を伝えられて助かったと感じた人のツイートです。

「あなたは悪くありません」の一言で乗り越えられるきっかけになりそうですね。

看護師さんに感謝している人のツイートです。

通っていた病院かどうかは不明ですが、医療関係者から明るい言葉をかけてもらえると、前を向ける気になりそうですよね。

このように、病院でのサポートは、妻の心の回復に大いに役立つでしょう。

何も言わずに聞いてくれる人の存在

流産を経験した妻にとって、何も言わずにただ聞いてくれる人の存在は、非常に励みとなります。

友人や家族がただ傍にいてくれるだけで、妻は心の支えを感じることができます。

時には言葉にならない感情を共有することが、妻の心の癒しになるのです。

Twitter上のつぶやきをご紹介します。

お酒を飲みながら溜めていた感情話した人のツイートです。

シラフだと話せない内容ですし、妊娠中だとお酒も飲んでいなかったと思います。

無駄な反応をせず、うんうんと聞いてくれるだけで助かる時間ってありますよね。

母親に流産を報告した人のツイートです。

自分だけで抱えきれないことを誰かに伝えた時の開放感は誰しもが体験することです。

時には言葉にならない感情を共有することが、妻の心の癒しになります。

 

Twitterコミュニティ

SNSの中でも流産を経験した妻たちにとって、大きな支えとなります。

同じような経験をした他の人々とのつながりによって、妻は孤独感を軽減し、希望を見つけることができます。

主なつぶやきをご紹介します。

SNSで抱えきれないものを共有して乗り越えた人のツイートです。

マタ垢で登録して救われた人のツイートです。

他の人のエピソードや励ましの言葉は、妻に勇気を与えるでしょう。

 

髭男爵ルイ53世さんの言葉

お笑い芸人の髭男爵ルイ53世さんは、自身が出演したテレビ番組の中で、次のツイートで触れられている内容の発言をし注目を集めています。

「今は子供がいなくても結婚しなくても幸せになれる時代ですけど」という言葉、とても素敵ですよね。

多様性が大切にされるこれからの時代、様々な生き方があって当たり前だという感覚を誰もが持たなければならないなと筆者自身も改めて感じました。

彼の言葉には、流産を経験した妻たちに対する共感と勇気も込められており、このツイートのみならず、多くの人の支持を集めています。

 

市原悦子さんの言葉

女優として活躍した故人の市原悦子さんも、2度の流産で子どもには恵まれなかったご自身が流産を経験したことを公表し、多くの人々に勇気を与えています。

市原悦子さんの旦那さんは本当に心から好きだったんでしょうね。

心からの言葉だったからこそ、生涯おしどり夫婦でいられたのでしょう。

このように、流産をして、ご自身の辛い経験から立ち直るためのヒントや励ましのメッセージが含まれており、多くの人々に勇気と希望を与え続けています。

まとめ

流産を経験した妻たちにとって、パートナーや職場、病院、家族、SNSコミュニティ、そして有名人の言葉は、大きな支えとなります。

温かいサポートと励ましによって、心の傷は癒され、新たな道への希望が持てるようになります。

流産後は時間がかかることもあるため、妻とのコミュニケーションや理解を深める努力を惜しまないでください。

妻の感情や気持ちに寄り添い、サポートすることが重要です。

価値観の不一致はよくあることですが、

流産は、男性側から赤ちゃんを失ったお母さんの気持ちを理解しようとするしかありません。

そこで、辛い気持ちへ理解を深めることができるものをご紹介します。

 

ママ、さよなら。ありがとう 天使になった赤ちゃんからのメッセージ Kindle版

Kindleの書籍です。

流産で赤ちゃんを失ったお母さん向けに書かれています。

内容の概略は次のとおりです。

生まれなかった命にもすべて意味がある。赤ちゃんはみなメッセージを携えてくる。「ありがとう」「家族と仲良くね」
産科医であり、日本でただ一人の胎内記憶の研究者でもある著者が、流産・死産した赤ちゃんからメッセージを受け取ったお母さんの体験談を交えて贈る、心温まる「命」の話

この本をお勧めする人や実際に体験した方も読んでいます。

ともに生きる―たとえ産声をあげなくとも

created by Rinker
¥1,650 (2024/03/04 17:25:41時点 Amazon調べ-詳細)

流産死産経験者で作るポコズママの会が書いた本です。

内容の概略は次のとおりです。

わが子の死—-
これほど親にとって深い悲しみと絶望を感じる経験はないだろう。
それは、亡くなった「わが子」が何歳であっても変わらない。
たとえ、産声をあげなくとも。
流産・死産を経験した11人の手記と
4人の医療従事者のコメントでつづる、
親の思いとケアのあり方を示した1冊。

 

この本をお勧めする人や実際に体験した方も読んでいます。

created by Rinker
¥1,650 (2024/03/04 17:25:41時点 Amazon調べ-詳細)

誕生死

created by Rinker
¥1,430 (2024/03/04 17:25:41時点 Amazon調べ-詳細)
流産死産新生児死で子をなくした親の会が書いた本です。

内容の概略は次のとおりです。

「がまんしなくていいの。思いっきり泣きなさい」 出産前後に赤ちゃんを亡くした悲しみを11家族が実名で、ありのままに綴った小さな命の物語。小学4年生以上から読めるふりがなつき。

この本をお勧めする人や実際に体験した方も読んでいます。

created by Rinker
¥1,430 (2024/03/04 17:25:41時点 Amazon調べ-詳細)

産声のない天使たち

created by Rinker
朝日新聞出版
¥1,540 (2024/03/04 17:25:42時点 Amazon調べ-詳細)
知られざる赤ちゃんの死を丹念に取材したルポルタージュです。

内容の概略は次のとおりです。

妊娠すれば元気な赤ちゃんが生まれるはず――
そう思っている人は少なくない。
でも実際は悲しみの中で出産に挑む妊婦もいる。
「赤ちゃんの心臓が止まっています」「赤ちゃんに病気があります」
そんな宣告をされて出産を迎える妊婦たち。
幸せオーラに満ちた産婦人科で、一人地獄に迷い込んだ苦しみを抱える。
深い暗闇の中に沈む親たちの背中を押す温かいお見送りやグリーフケアや、
NICUのいまをルポする。

 

この本をお勧めする人や実際に体験した方も読んでいます。

created by Rinker
朝日新聞出版
¥1,540 (2024/03/04 17:25:42時点 Amazon調べ-詳細)

流産と向き合う妻やその家族にとって、この記事が勇気づけられる存在となり、心の支えとなることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました